食文化を通じて人類の未来を拓く

事業案内

食品事業

お店とお客様を笑顔で結ぶ。
一貫体制の確かな安全安心・品質・おいしさ。


私たち清水港飼料は、各営業エリアにGPセンターを備え、
さらに静岡地区ではグループ企業を通じて採卵養鶏場を直営。
おいしくて鮮度抜群の卵をスピーディかつ安定供給する体制を整えています。
静岡ではSPF豚などの静岡型銘柄豚も生産。
いずれも地域の流通企業から高い評価と信頼を頂戴しています。
さらには、市場の声を飼料づくりや畜産農家にもフィードバック。
日本産ならではの安心安全やおいしさの、
認知拡大・レベルアップの一翼を担っています。






お店の様々なニーズをカバーする
静岡の直営採卵養鶏場。


完全管理の安心快適な環境のもとで、元気な採卵鶏たちが生む卵は、卵質に優れて味わい深く、さらにGPセンター直結のため、屋外に出ることなく素早く検査・洗卵・パッケージし、鮮度抜群の状態で出荷されます。さらにお店のニーズに柔軟対応する次のようなメリットをもたらしています。


  • 飼料の原料段階から飼育状況、卵質検査結果まで全工程を綿密に把握。安心を高めることはもちろん、トレースに素早く正確に対応することができます。
  • 衛生面・美観なども常に万全。現場チェックのご要望にも随時対応しています。
  • 一般卵(SML)はもとより、栄養補助機能を強化したオリジナルブランド卵も生産。さらにPBなどオリジナル卵の開発・生産にもお応えします。
  • 飼料販売を通じて、同様の安全安心管理体制を整備した農家とのネットワークも豊富。急な増産要望にも対応する体制を整えています。
 鶏卵

いきいき卵/元気がいちばんしずおか農林水産物認証制度を取得

直営採卵養鶏場の農事組合法人ビナグリーン、(有)あさぎり高原ファームは、静岡県の
本認証を取得。マニュアルの整備やその実践、衛生管理、内部検査の実施など、安全性
を確保する管理システムや消費者への情報提供体制が基準を満たすものとして、客観的
に評価されています。






素晴らしい養鶏農家とのコラボで
高品質卵を提供する
関東・東北のGPセンター。


関東・東北地区においては、GPセンターを核にして長年にわたり信頼関係を築いてきた養鶏農家の皆さまをネットワーク。飼料内容や飼育方法などの統一化により、均一な品質の卵を安定供給し、トレースにも対応する体制を整えています。さらに栄養補助機能や独自の天然素材を加えた飼料により、地域それぞれに風味豊かなブランド卵を生産しています。
 養鶏

GPセンターの安全管理

検査
ya洗浄
ya検卵・選別
ya
包装
ya出荷
入荷した卵は、卵質検査を行い、品質を確認。洗卵を待つ間は、適切な温度管理のもと、専用の保管場所で管理します。 55℃~60℃の洗浄殺菌水で卵殻表面の汚れや雑菌を除去します。 規格外卵(ヒビ卵、汚れ卵、奇形卵など)を検査・除去し、計量した後に規格(サイズ)ごとに振り分けられます。 振り分けられた卵は表面殺菌の後、賞味期限をつけて、包装(パック詰めや箱詰め)されます。 最終の製品検査を経て、出荷されます。

東北に広がる、卵の地域ブランド活動oeuf(ウフ)。
この画期的な取り組みの中核に参画しています。


養鶏農家や飼料メーカー、食品の卸業者、販売店がタッグを組み、高品質な卵の供給や、
卵を活かした新商品開発などを行うコンソーシアム、それがoeuf(ウフ)。
卵の生産・流通においては、統一したマニュアルにより安全管理・安定供給を徹底するとともに、
oeufの卵および、oeufの卵を原材料にした商品にはoeufマークを貼付。安心の目印としています。
今後どんな商品が、おいしさが生み出されるか――
期待と夢が膨らむこの地域発ブランド事業の中核に、私たちは参画しています。






真においしい豚肉で、
お店の魅力づくりに貢献。


特定の病原菌を持たないためストレスフリーで飼育できるSPF豚(日本SPF豚協会認定)。柔らかく、脂肪分が少なく、それでいて肉質感に優れてジューシー。豚肉本来のうまみを堪能することができます。その生産を担うグループ企業㈱マルス農場では、静岡型銘柄豚「ふじのくに・いきいきポーク」のブランド名でSPF豚を広く流通。それぞれのお店で定番の人気を得ています。
さらに、静岡県中小家畜研究センターが開発した豚を、マルス農場が繁殖・ブランド化した「いきいき金華」は、「しずおか食セレクション」の認定を取得。優良な豚肉を商品化するこうした取り組みも積極的に行い、お店の商材開発に貢献しています。
 養豚



清水港飼料株式会社

静岡県静岡市清水区幸町5-12 TEL.054-334-5060

ページの先頭へ