食文化を通じて人類の未来を拓く

トップページ > 安全安心・品質管理 > ISO22000への取り組み
安全安心・品質管理

  ISO22000への取り組み

 

 清水港飼料は、鹿島工場、清水工場、石巻工場の3工場の製造課および品質管理室と船橋工場の原料課において、2017年4月24日に食品安全マネジメントの国際規格である『ISO22000』を取得いたしました。
  2020年開催の東京オリンピックや近年の畜産物の輸出拡大に向けた食の安全対策を求めるお客様の声に応えるため、飼料製造に於ける工程管理や品質管理、衛生管理の維持・改善を推進しております。
 当社は、フードチェーンにおける食の品質・安全を確保し、システム全体の継続的な改善を通して、お客様に豊かで美味しさ溢れる食文化を提供し、安全安心で快適な暮らしと幸せな地域社会の実現に貢献することを目指します。
 これからも農場と食卓を繋ぐ架け橋として、使命を果たしてまいります。

 

 適用規格 ISO22000:2005
 登録番号 JUSE-FS-141
 登録組織 鹿島工場、清水工場(製造課、品質管理室)、石巻工場(製造課、品質管理室)、船橋工場(原料課)
 登録範囲 配合飼料(鶏、豚、牛)、混合飼料(鶏、豚、牛)、単体飼料(牛)の製造
 認証機関 一般財団法人日本科学技術連盟
 登録日 平成29年4月24日



飼料安全方針

飼料製造に於いて、コンプライアンスを遵守し、安全安心な商品サービスを提供します。

積極的にコミュニケーションを実施し、お客様の満足を得られる商品開発に努めます。

従業員に対して教育を実施し、飼料の安全と品質の維持・改善を推進します。


                                 平成29年3月7日制定   代表取締役社長 杉山 八洲男

ISO22000
 ISO22000







清水港飼料株式会社

静岡県静岡市清水区幸町5-12 TEL.054-334-5060

ページの先頭へ